トリエント・ミサ

知的生活の模倣カトリック教会カトリック典礼トリエント・ミサ

Webmaster's Note

トリエント・ミサ(またはトレントミサ)Tridentine Mass とは、トリエント公会議で制定されたミサ聖祭である。現在のミサ Novus Ordo Mass が導入されるまで、カトリック教会で行われていた。廃止も禁止もされていないが、日本ではトリエント典礼のミサに与ることのできる機会は限られている。俗にラテン語ミサと呼ばれることもあるが、現行ミサをラテン語で行うのとは区別されなければならない。

2008/06/14 ページの一部をミサ典書として独立。

Links

聖ピオ十世司祭兄弟会 UNOFFICIAL WEB SITE ★★★

聖ピオ十世会 Priestly Fraternity of Saint Pius X の賛助者による非公式ウェブサイト。新ミサか旧ミサかは好みの問題に過ぎないと思っている人は、「なぜ伝統的ラテン語ミサなのか?その62の理由」を読んでほしい。

聖ピオ十世会 ウェブポータル - SSPX JAPAN WEBPORTAL ★★

カトリック教会の伝統的ミサ聖祭に与ってみたい人のための入門的なサイト。ミサの与り方、服装の注意などのアドバイスがある。

The Society of Saint Pius X District of Great Britain ★★

イギリスの聖ピオ十世会のウェブサイト。教区報に連載されている Servers' Corner は、侍者にとってとても役に立つ。(英)

QIEN ★★

トリエント・ミサに関する世界中のニュースを集めて紹介するサイト。フランス語の記事を中心に、英語・ドイツ語・ポルトガル語・ポーランド語などの記事をそのまま転載している。(仏)

伝統的ローマ・カトリックの部屋 ★★

カトリックのミサについての理解を深めてくれるサイト。現行のミサと旧ミサとの違いを、誰にでも分かるように懇切丁寧に解説。東京と大阪で行われている伝統的ミサのスケジュールも紹介している。

Audio & Visual

FSSPX.pl: Serwis internetowy Bractwa Kaplanskiego Sw. Piusa X w Polsce ★★

ポーランドの聖ピオ十世会。トリエント典礼によるミサの動画が materialy do pobrania というページからダウンロードできる。また、What We Have Lost も必見の動画。(ポ)

Pittsburgh Latin Mass Community

RESOURCES のページから、ミサ答えのラテン語練習用テープ音声(MP3形式)がダウンロードできる。Side One には司祭と侍者の声が交互に、Side Two には司祭のパートだけが入っていて、一人で練習できるようになっている(いわゆるカラオケ) 。(英)

Mail Lists

CTN Gregorian/Tridentine Rite Mail List ★★★

カトリック教会伝統のトリエント・ミサやグレゴリオ聖歌について論じるメーリングリスト。投稿数が月に数百通の盛り上がり(読み切れない!)。入会したい人は ctngreg-subscribe@yahoogroups.com まで空メールを。(英)

Books

For the Visitor at Mass (Angelus Press)

トリエント・ミサに初めて与る人のためのガイドブック。オリジナルは1940年に発行された小冊子だが、本文を若干改訂し、豊富なカラー写真を加えている。ミサレットのように典文は載っていないものの、ミサ中のさまざまな所作を解説しているので、進行を追うにはこちらの方が便利かも知れない。

Priest, Where Is Thy Mass? Mass, Where Is Thy Priest?: Seventeen Independent Priests Tell Why They Celebrate The Latin Mass (Angelus Press)Amazon.co.jp Amazon.com

伝統的なラテン語ミサだけを挙げている17人の司祭へのインタビュー。新しいミサをやめた司祭、最初から受け入れなかった司祭など、経歴はさまざまである。

現在のカトリック教会では、新奇な司牧を拒否して今まで通りの信仰を続けたいと希望すると、様々な妨害や嫌がらせに遭う(高松教区・小豆島教会の信徒たちを見よ!)。伝統を守ろうとする司祭たちも例外ではなく、インタビューに答えた17人のうち多くが、司教から聖職停止の脅しを受けたことがあり、2人が実名を明かしていない。

これらの司祭たちは、新しいミサでは犠牲の要素が大きく後退していること、そのためにalter Christus (もう一人のキリスト)として犠牲を捧げるという本来の司祭職の概念を失ってしまうこと、そのことが司祭の信仰をも弱めることなどを、異口同音に語っている。また、今からでもラテン語ミサのやり方を覚えることはできる、ということも強調していた。


Home Sitemap

Related Pages

ミサ典書
グレゴリオ聖歌
聖ピオ十世会
教会ラテン語
説教・霊的講話
カトリック典礼
聖ピオ十世会

Recent Posts

Ads

楽天トラベルの海外航空券、格安航空券予約。JALやANA、周遊や片道航空券の予約もオンラインで!


知的生活の模倣     サイト概要  |  管理人プロフィール  |  友情リンク  |  サイトマップ  |  メール  |  旧日記  |  新日記  |