クラクフ観光

知的生活の模倣ポーランドポーランド旅行クラクフ観光

Webmaster's Note

クラクフ Kraków はポーランドの古都。前教皇ヨハネ・パウロ2世は、元クラクフ大司教であった。

Accommodations

Strawberry YOUTH HOSTELS

クラクフの他、プラハとウィーンでも展開しているユースホステル。前回来たときには駅でおばさんに話しかけられてアパートの空き部屋に泊まったので、そのときも何とかなるだろうと思って宿はあらかじめ決めてなかった。列車が駅に着いてホームに降りると、若い男がユースホステルに泊まらないかと話しかけてきた。男の仲間の車で連れていってもらったのは、学生寮のようなところ。街の中心地までバスで6,7分くらいのところにあって特に不便ではなかった。

Museums

Manggha - Centrum Sztuki i Techniki Japonskiej

日本文化を紹介するクラクフの美術館。受付で「こんにちは」と言ってみたが、特に日本語の返事は返ってこなかった。ウェブサイトの方は、私の見落としでなければ、日本語メニューはおろか英語メニューもない。

P.S. 後にサイトがリニューアルされ、英語ページも設けられていた。

Czartoryski

チャルトリスキ美術館 Czartoryski Museum を経営するチャルトリスキ家のウェブサイト。建物はそれほど目立たない場所にあるが、レオナルド・ダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」の絵画で有名。

Excursions

Oficjalna strona Miejsca Pamieci i Muzeum Auschwitz-Birkenau w Oswiecimiu ★★

アウシュヴィッツ博物館。かつてのアウシュヴィッツ収容所を博物館として改装したもの。コルベ神父*が餓死した部屋も見学できる。建物は整然と並んでいるが、ドイツ人の几帳面さが現れているというより、むしろ緊張感を覚えた。ミニシアターでドキュメンタリー映画を上映しているので、それを観るならば上映時間を頭に入れて見学する必要がある。なお、ポーランド語の名称はオシフィエンチム Oswiecim で、現地の人はアウシュヴィッツというドイツ語読みを好まない。(ポ・英・独)

WIELICZKA SALT MINE ★★

塩の鉱山。日本にも銅山を見学する施設があるが、あれと似たようなものだと思えばいい。クラクフ駅からツアーバスが出ている。入場者は20人くらいのグループにまとめられ、案内人の後をついていく。説明はポーランド語。ツアーの終わりには売店に寄って、塩製グッズを買うことができる。私は入浴剤を合計2kgも買ったものだから、帰りは重くて仕方がなかった。


Home Sitemap

Related Pages

ワルシャワ観光
チェンストホーヴァ巡礼
旅行・観光

Recent Posts

Ads

アルキカタ・ドット・コム


知的生活の模倣     サイト概要  |  管理人プロフィール  |  友情リンク  |  サイトマップ  |  メール  |  旧日記  |  新日記  |