モスクワ観光

知的生活の模倣ロシアロシア旅行モスクワ観光

Accommodations

ウクライナホテル ★★★

モスクワにある、重厚なスターリン建築様式のホテル。外観が威圧的なのに加え、内装も重厚。最寄りの地下鉄の駅からも結構歩くし、決して便利とは言えないが、ソ連時代の雰囲気が味わえる。映画「ロシア・ハウス」で、ショーン・コネリーが泊まっていたのもこのホテルである。

コスモスホテル ★★

比較的宿泊費の安いホテル。駅からも近くて便利。部屋は広め。

Novotel Sheremetyevo-2 ★★

モスクワ・シェレメチェヴォ第2空港の近くにあるトランジットホテル。2001年のポーランド旅行*のとき、モスクワからの乗り継ぎ便が翌朝の出発だったので、ここに1泊することにした。ビザがあれば半日のモスクワ観光ができるが、あえて取らなかった。入国手続きをしないままバスに乗せられ、ホテルに直行。着いた場所にはレセプションはあるものの、どう見ても裏口のようなところ。正面奥にはロープが張ってあって、やんわりと空間を遮られている。一般の宿泊客が利用するのとは別のエレベーターに乗って、部屋へと案内される。フロアには監視の目が光っていて、事実上の軟禁状態。同じフロアにあるバーのドリンク無料券をもらったが、そこで食事をすると結局高くつくに違いない。そんなこともあろうかと、日本から持参したアンパンを食べる。朝食は部屋まで運んできてくれて、食堂に行く面倒はないものの、一抹の寂しさも。部屋自体は清潔で静かだったので、また利用したいと思ったが、軟禁状態はもう御免だ。話のタネにはなったけれど。

Entertainments

ボリショイ劇場 ★★★

モスクワを代表する劇場で、世界的にも有名。シーズン中は連日バレエやオペラをやっている。向かいにはカール・マルクスの像があり、「万国の労働者、団結せよ!」と勇ましくロシア語で書いてある。しかし、後半部がスプレーで消され、「御免なさい!」と書き加えられていたことも。

Videos

「バック・イン・ザ・USSR(字幕版)」 VHS ★★

モスクワを旅行していたアメリカ人青年が、イコンをめぐる争いに巻き込まれるラブ・サスペンス映画。いわゆるB級映画だが、モスクワでロケをしただけあって、いろいろな風景を見ることができるし、ロシア語の Back in the USSR も聴くことができる。レンタルビデオの払い下げ品がどこかで手に入ると思う。 Amazon.co.jp


Home Sitemap

Related Pages

旅行・観光

Recent Posts

Ads

楽天トラベルの海外航空券、格安航空券予約。JALやANA、周遊や片道航空券の予約もオンラインで!


知的生活の模倣     サイト概要  |  管理人プロフィール  |  友情リンク  |  サイトマップ  |  メール  |  旧日記  |  新日記  |