コルベ神父

知的生活の模倣カトリック教会カトリック聖人伝コルベ神父

Webmaster's Note

マクシミリアノ・マリア・コルベ神父 Fr Maximiliano Maria Kolbe (1894-1941) はポーランドの出身。1918年、司祭に叙階。1930年に来日して、「無原罪の聖母の騎士」誌を発行。1936年ポーランドへ帰国。1941年アウシュヴィッツ収容所に入れられ、獄死した。

Books

小崎登明 『ながさきのコルベ神父』 聖母文庫Amazon.co.jp 楽天ブックス

コルベ神父の長崎での活動に焦点を当て、当時を知る人の証言を集めて書かれた伝記。長崎にやってきた彼の布教方針は、「無原罪の聖母の騎士」誌を発行し、とにかく一部でも多く配ることであった。その費用を捻出するために、食費や汽車賃も節約して耐える修道士達の姿が描かれている。フランシスコ会の修道生活は、もとよりカトリックの修道会の中でも質素ではあるが、日本での生活は母国ポーランドにいた頃よりも大変だったようだ。兄弟たちは不満を抱えるが、それでもコルベ神父は上手になだめてしまう。そのコルベ神父自身が一番体が弱く、苦しんでいたということも忘れてはならない。

M.コルベ 『無原罪の聖母―M・コルベ神父のことば集』 聖母文庫Amazon.co.jp 楽天ブックス

コルベ神父が聖母マリアについて書いたこと語ったことを、セルギウス・ペシェク修道士が編集したもの。これまで伝記などを通じて知ったコルベ神父の聖母信心は、少し行き過ぎなのではと思うところもあったが、この本を読んでその全体像を知ることができ、大いに納得することができた。基本的には修道生活のためのアドバイスなので、その内容は一般信徒の目には非常に厳しい。

Franz Jagerstatter - Maximilian Kolbe / Victims of the Nazis (Catholic Truth Society)Amazon.co.jp Amazon.co.uk

ナチスの被害者となったマクシミリアノ・コルベ神父その他の小伝。

ダイアナ・デュア 『コルベ神父』 時事通信社Amazon.co.jp

イギリス国教会信徒のジャーナリストによる、マクシミリアノ・コルベ神父の伝記。アウシュヴィッツにやや重点が置かれているところが、いかにもジャーナリストらしい仕事である。この本はたまたま書店で手に取ったものであるし、コルベ神父の伝記は他にも多数出ているので、特にお奨めというわけではない。だが、これが書かれたのは、ポーランドがまだ民主化していなかった頃であり、戦争が終わってもなお困難を抱えていた教会の様子を伺い知ることができる。

Links

聖母の騎士社 ★★

コルベ神父が日本で創設した出版社。「無原罪の」は取り去られたが、「聖母の騎士」誌は現在でも発行。

Rycerstwo Niepokalaniej

ニエポカラヌフの無原罪聖母の騎士会のサイト。巡礼や黙想会の案内の他、入会申込フォームがある(あなたも騎士になれる!)。英語のページも用意されてはいるが、いくつかのページで内部リンクが切れている。(ポーランド語)

Quotes

エキュメニズムはインマクラータの敵である。 ― 聖マキシミリアノ・マリア・コルベ

読書の実りはすべて、あなたがどのように聖母に祈るかにかかっています。ですから読書を始める前に聖母に祈らなくてはなりません。一度に沢山読まないで下さい。読書をするときには、しばしば心を聖母に向けて下さい。 ― 聖マキシミリアノ・マリア・コルベ


Home Sitemap

Related Pages

ポーランドのカトリック

Recent Posts

Ads

【Amazon】で「コルベ神父」を探す

楽天ブックス ベストセラー

楽天トラベルの海外航空券、格安航空券予約。JALやANA、周遊や片道航空券の予約もオンラインで!

九州・沖縄エリアページ

知的生活の模倣     サイト概要  |  管理人プロフィール  |  友情リンク  |  サイトマップ  |  メール  |  旧日記  |  新日記  |